dorifamuの日記

〜番外編ばかりの毎日・感謝の気持ちを忘れないように〜 

迷いに迷って現在進行中の私

私の歩むべき、未来は。

 

私は現在2つの裁判を抱えています

裁判と聞いただけでも、びっくりですよね

当事者である私自身が驚いているのですから

信用していた方に全てを託していた私が悪いのです

 

訴えている相手の方も私が対象ではないそうですが

彼から回収できないので、仕方のないことのようです

 

 

私は普通のシングルマザーでした

生活費の足しになるために

彼から事務の仕事をやらないかと誘われました

仕事をしてお金を得る・・喜びました

 

彼から指示がありました

私の口座を開設するように

当時は何も思いませんでした

 

彼には何人も女性がいたことを後から知りました

その女性と私の口座のお金の動きのことで会話がされていたことも

知りませんでした

 

悪い言葉でいうのならば、私は都合のよい女だったのです

 

悩んでいる時間はありません

訴えを起こされた当初は

彼の発した言葉は

「俺がやったことで・・」

「巻き込んでしまってごめん」

そんな言葉をもらっていました

その頃もまだ、信用していました

 

彼は、自分が直接裁判には関わらないとしり

態度が変わり、去っていきました

 

私に残されたのは事業の出資者からの返金請求です

複雑な事業は多くの人たちが関りあり

大金を使い、上手くいかなくなった時点で

全ての人が立ち去っていきました

 

事業そのものは、偽りはなかったと思っています

思いたいのです

 

誰が一番、上手く立ち回ったのでしょうか?

その、真実が知りたいのです

今回、コンテストに応募した一番の理由はそこにあります

 

真実はどこにありますか?

事業をみんなでしていたのではないのですか?

自分は知らないと逃げますか?

 

私はひとりでも戦います

知らないところで動いたお金です

白黒はっきりさせるには

公の場しかないと思うようになりました

 

去っていく前に残った資料

全ての真実はそこにあるのです