dorifamuの日記

〜番外編ばかりの毎日・感謝の気持ちを忘れないように〜 

「さようなら」のことがメインだったのに・・

昨夜はゴロゴロ⚡️と雨☂️

母が1時間おきにトイレに起きるので

熟睡が出来ませんでした

 

眠れない時は人は良くない事を考えます

どうしてだろう 

昨夜はやってしまいました

 

自分の老後の事を考える時があります

私の隣に誰か居てくれるだろうか

今、お付き合いしている人(私はそう思ってた)

何かちがう

ゴールデンウィーク以降、逢っていない

私が母の介護が始まったことも理由のひとつ

 

「逢いたいね」とメールの最後に必ずある文字

私とあなたと この先のどうなる?

私は縁側で笑い合いながら隣に居てくれる人を

求めている

あなたではないんだよね

ふつふつと湧いていました

 

午前3時過ぎにメールしました

「さよなら」の言葉をつけて

 

毎日、数回あったメール

今日はもうありません

本当に「さよなら」なんだ

あなたとの長い時間が一瞬で終わりを告げた

 

朝から母の様子がおかしい

ご飯を食べない、動かない

私は仕事に行く時間になり

ひと声かけて家を出ました

 

10時過ぎ、ディサービスの方から電話が

「やっぱり、熱出ちゃったかなぁ」

「もしもし、dorifamuです。お世話になります」

「dorifamuさん、お母様 朝お迎えにあがったら

ベットの横で倒れていました」

「職員が車でこちらにお連れしましたが

痛みを訴えてらっしゃるので 近くの病院へお連れして大丈夫ですか?」

仕事中なので有難いひと声

「お願いいたします」

 

お昼、こちらから電話しましたが

病院が混み合っていて まだ時間がかかりそうです

私は早退して母のもとに向かいました

 

レントゲンでははっきりと診断が出来ず

CTを撮り、骨折と診断されました

熱も39度まで上がり、身体を震わせています

待ち時間の長さに どうすることも出来ず

母の手を握り、母の番が早く来る事を願ってました

 

診ていただいた病院では手術が出来ず

紹介状と画像データをいただき 次の病院へ

救急外来で待つのは辛い

痛い思いをしている母はもっと辛いでしょう

 

午後のお仕事のお休みをもらいました

診察室に呼ばれ、部位によっては

今から手術しますと言われました

検査の間、ひとり待合室で待ちます

 

2時間経過、先生が長い時間お待たせしてますと

骨折が違う方向へ向かっています

酸素飽和度が低い、高熱

もしかすると、肺に血栓が飛んでいるかもと

造影剤を使ったCTを撮ることになりました

 

今夜の入院は決まりましたが

治療方針がまだ未定です